私はANAの修行僧★北海道在住OLのSFC/DIA修行ブログ

北海道に住むアラサーOLがANAのSFCとDIAステータス取得を目指して修行してることを綴ったブログです。10年前に1度だけしか海外に行ったことない女でも海外タッチ修行しちゃいます!フライト関係ホテル滞在やグルメ見どころなどを自身の残念な日常と共に紹介してます。少しでもより良い旅や修行の参考にしてもらえたらと思っています。

チャンギ空港に深夜に到着〜女2人で市内への移動手段はタクシーでも大丈夫

OKA-SINタッチ修行〜チャンギ空港に深夜に到着

約7時間のフライトに揺られて到着したチャンギ空港。時間はほど夜中の1時です。
「すごく大きいよ」「世界有数のハブ空港」「なんなら空港で野宿もできる」とは聞いていましたが本当に広い!そして深夜にもかかわらず人がたくさんいました。噂通り椅子で寝ている人もいれば床で寝ている人もいてちょっとびっくりしちゃいましたが、日本の外に出るってやっぱいい。世界はいろんな意味で大きいと感じました。

f:id:sfcsapporo:20180225155910j:plain

インスタ映えスポットを見つけました。きっとここで記念撮影をしたらいい感じの写真が撮影できるのでは!と思いながら通り過ぎる。

f:id:sfcsapporo:20180225155837j:plain

ちなみに私もチャンギ空港っぽいところで写メを撮ってみました!

なんかもう疲れきった30代の叔母さんではない方の
「おばさん感」が全面に無駄に溢れ出てしまい死蔵写真にしてしまおうかと思いましたが、ブロガーとしてはネタになる「obusuショット」を隠してよく撮れた偶然の産物の奇跡のショットばかり載せてもツマランだろうと思ったので
7時間のフライトで疲れきった32歳の残念女の真の姿を晒しておきますね。
読者数様とフォロワー様が減らないことを祈って。
修行僧ボロボロの図です。
どーせ私はインスタ蝿
正直旅行中も可愛い写真が撮れる女子が羨ましいです・・・トホホ

f:id:sfcsapporo:20180225155800j:plain

シンガポールの入国審査はすんなりでホッ

 

 イミグレ(入国審査)の写真を撮った気がしていたのですが撮れてなかったみたいなので写真はなしです(⇦ダメブロガー)
昔グアムに行った時の入国審査が怖い雰囲気があった記憶だったのですがシンガポールはそうでもありませんでした。「サイトスィーイング」っていう練習して向かったのに特に聞かれませんでした。あれれ拍子抜け!
入国審査官の方が姪っ子に飴をくれました。シンガポールは子供に優しい国?なのかな?2人して緊張でカチコチしていたからなんだかほっこりでした。

 

手荷物が出てくるターンテーブルの前で少し待ちます。
もし荷物が迷子になってたらどうしようと心配しましたがすんなり出てきてくれました。胡蝶蘭が飾ってあったり本当に綺麗な空港だなぁと思いました。到着した空港が綺麗だったり人も優しいとその国の印象が良いものになるんだなぁ〜と。
だから逆に日本に訪れる海外の方に「日本よかった」って思ってもらえるように道を聞かれたりカメラを頼まれたら引き続き快く引き受けようと思いました。日本の外に出ることで感じること色々あるなぁ。札幌や北海道は観光都市?なので国内国外たくさんの人に訪れて欲しいので私にもできるちょっとしたこと出来たらいいな!そんなことを自分が海外に出ることで感じた私でした。

f:id:sfcsapporo:20180225160352j:plain

シンガポール市内までの移動手段

当初は乗り合わせタクシーみたいなものに乗れば集団だし安全だし安いからそれに乗って市内へ向かおうと思っていました。ガイドブックによると9SGDで街に行けるそうだったので。しかしチャンギ空港は広くて乗り合わせタクシー(リムジンバス?)乗り場が見つからない・・・
エコノミーで7時間も揺られてさらには沖縄から移動してきてたので疲れきっていました。海外で女2人で深夜タクシーなんて不用心・・・かも。と思いましたが老体故に疲れを感じもう歩きたくないヨー!と思い、何かあったらその時はその時だなと諦めて歩いていたら偶然たどり着いたタクシー乗り場へそのまま吸い込まれる。
深夜にもかかわらず案内してくれるスタッフがいるんです!さすが世界有数のハブ空港
チャンギ空港スゴーーーー!!!!
スタッフの方に「こちらのタクシーに乗ってね(多分そんな意味)」と言われるままにそのタクシーに乗る。

f:id:sfcsapporo:20180225160431j:plain

深夜にシンガポールチャンギ空港から市内のホテルまで女2人でタクシー移動

タクシーに乗り行き先を告げる
私「コートヤードシンガポールノベナ」
運転手さん「????」
私:カーナビのコードを見せる
運転手さん「入力してもアメリカの住所が出てきちゃうよ」

ガーーーン 日本ならきっと説明できるけど英語が流暢でもないので片言の英語にて一生懸命説明する。
運転手さんと私でそんな会話をしてると姪っ子がすごく不安そうな顔をして「ホテルに行けないの〜」「それなら空港にいればよかった」とブツブツ言い出す。
私も泣きたいーーーーー!引率者大変!ウワァァァン!って気持ちになった。
運転手さんが路肩に車を止めてくれて2人でナビにコードを再び入力する。
すると無事にホテルへが案内地として認識された。
よかったホテルのベッドで眠られる。ほっ

運転手さんの心遣いか日本の音楽をかけてくれた。
シンガポールの人優しい。

f:id:sfcsapporo:20180225161106j:plain

20分ほど高速道路を走り「コートヤードシンガポールノベナ」にたどり着きました。
海外のタクシーはレシートくれないのかな?控えがありません。
いくら払ったのか忘れてしまいましたが深夜にもかかわらず30SGDしなかったと思います。シンガポールでの移動は荷物が多いならタクシーで良いかもしれませんね!

 

カーナビコードの入力がうまくいかずホテルに着かないかも!というプチアクシデントもありましたがなんとか深夜2時過ぎにホテル到着出来ました。女2人で無事に辿り着くことができましたが次回は深夜じゃない時間に着く飛行機にしようと思ったのでした!安全な国といえどもやはり用心するに越したことはないですからね。

f:id:sfcsapporo:20180225161244j:plain

 

到着したホテルはマリオットプラチナ修行2滞在目にあたる
「コートヤードシンガポールノベナ」です。
新しめのホテルでエントランスからすでに綺麗でした〜。 
ホテル滞在記はまた更新いたします〜〜〜!

 

 

✉️各種お問い合わせ
カード入会やその他お問い合わせはこちらのメールフォームよりどうぞ
メールフォーム