私はANAの修行僧★北海道在住OLのSFC/DIA修行ブログ

北海道に住むアラサーOLがANAのSFCとDIAステータス取得を目指して修行してることを綴ったブログです。10年前に1度だけしか海外に行ったことない女でも海外タッチ修行しちゃいます!フライト関係ホテル滞在やグルメ見どころなどを自身の残念な日常と共に紹介してます。少しでもより良い旅や修行の参考にしてもらえたらと思っています。

【悲報】リッツ・カールトンクアラルンプールでクラブレベルのアップグレード申請が当日に否決される〜BRGからの返信に注目

SPGアメックスの紹介キャンペーンが4月11日で終了らしくSPG関連の話題が賑わっておりますね。そのうちプラチナチャレンジも無くなっちゃうんじゃないとか考えてしまいます。わたくしめは今日もクアラルンプールにおりますがプラチナチャレンジの件が聞きたくて日本に国際電話、アメックスにも詳細聞きたくて国際電話しました。ホテルの乞食はするくせに国際電話して無駄使いしちゃうダメ女です。

本当はクアラルンプール修行ネタを順を追って更新したかったですが、旬な話題なうちに更新した方が誰かの何かの参考になるかな?と思ってこの記事を更新いたします。

以前の過去記事でリッツ・カールトンクアラルンプールのBRGで以前はラウンジアクセスのアップグレードが否決されたけど今回は大丈夫だった!という内容を書きましたが今回はこれがチェックインして否決されてしまっていたのでそのことについて書きたいと思います。

f:id:sfcsapporo:20180328024354j:image

目次
一度は否決されたBRGでラウンジアクセスつきがリクエストされた

 私の過去記事です。BRGを行なった際に2パターンの返信をいただいております。こちらをご覧になられてから以下を読んでいただくと理解がしやすいと思います。

リッツ・カールトンクアラルンプールにチェックイン

ホテル滞在が大好きな私と幼女さんが楽しみにしていたリッツ・カールトンでの宿泊です。ちょっと早いけど12時頃に伺いました。チェックイン時に日本語スタッフさんがいませんでした。

リッツ・カールトンには日本人スタッフさんがいるから安心だ〜と思っていたら不在らしくて英語でのチェックインでした。

チェックインは通常のカウンターで行われました。その時は特になんも考えてなかったのですごく綺麗なホテルだなぁ〜と思っていました。お部屋のベッドのご希望はありますか?と聞かれたので「ベッドはどちらでも良いので素敵なお部屋にしてください」をGoogleの翻訳を使って伝えました。

ちなみに私が予約したプランは「予約時の段階でクラブルームにアップグレード」という滞在です。以前BRGに成功した時はクラブルームのアップグレードは無くなりますと書いてありましたので、速攻キャンセルしました。

2回目のBRG成功時には「ホテルにアップグレードのリクエストしました」と返信に書かれていたので本当は1泊で良かったのですが2連泊で紐付けされ1泊だけキャンセルができなくなってました。でもアップグレードされるなら2連泊でも良いかと思い予約を継続しました。

お部屋は19階のデラックスルームをアサインされました。アップグレードしたよと言われました。部屋に到着してそういえばクラブラウンジの説明聞いてないと思ってスタッフさんに尋ねたら「後で日本人スタッフからお部屋に電話します」と伝えられました。まぁ急ぎじゃなくても良いしと思ってスタッフさんを見送ることに。

お腹が空いたので飲茶をしに中華を電話予約しました。部屋をあけてしまったので電話が来たかはわかりませんが、日本人スタッフさんとお話しした時に「電話したけどいませんでした」の言葉や「ラウンジの件ですね」というセリフがなかったのでラウンジの質問は伝わっていなかったのではないかと私は思っています。

ラウンジアクセスについてフロントに聞きに行こう

リッツ・カールトンクアラルンプールの中華「麗苑」の飲茶が安くて美味しいで有名なので食べて来た後に、ついでにフロントに行ってラウンジアクセスについて聞いてみようと思いました。フロントに行って「日本人スタッフさんと話したいです」と伝えたら

本日お休みをいただいております。と言われました・・・!

なんと!
でも電話で呼びますから待っててくださいみたいなことを言われたのでロビーで待っていたら隣のJWマリオットから日本語スタッフさんが来てくれました。

BRGメールのニュアンスの難しさ

ラウンジについて尋ねると
「お客様はエリートメンバーですがこちらラウンジは使えません」
(それはとっくに把握済み・・・予約時にアップグレードプランを申し込んでいるのに)

「予約したプランは予約の段階でラウンジ付きのお部屋にアップグレードする」だったはずですがと伝えます。どうやらそのような情報で予約されていないようで私からのメールをスタッフさんのメールに転送させてくださいと言われたのでそのメールを転送して詳細を調べてもらいました。
転送して調べてもらったのが下記の写真のメールです。

Google翻訳によると「チェックイン時に問題がないように他の予約:××とキャンセル番号×××をキャンセルし、クラブレベルへのアップグレードをリクエストしました。」と書かれてますが、チェックイン時に問題ありましたがな。辛い・・・

f:id:sfcsapporo:20180310145724j:plain

下がリクエストに関する内容の返信です。

f:id:sfcsapporo:20180310145746j:plain

ちなみにラウンジ滞在が付随しませんと判定された時のBRGのメールです。こちらのメールも見せれば良かったのですが必死で気づくことができませんでした。

f:id:sfcsapporo:20180310153852j:plain



デスクに戻られ調べて戻ってこられてスタッフさんに言われたのが「こちらのメールはリクエストしておきましたと書かれてはいますが、確約はしていません

マリオットのサイトからBRG成功で安くしておいたよ、ホテルにクラブレベルのアップグレードリクエストしたよ
⇨[当日]ホテルさん:ラウンジ滞在やっぱダメでした
、当日にラウンジ無し判明したけどまぁBRGで安くなってるからそのままで泊まってね。朝食とレイトチェックアウトはついてるから我慢してね^^
と言われた気持ちになりました。

 

がびーん(ΦдΦ)

 当初の予約プランです。

f:id:sfcsapporo:20180310140139j:plain

それなら前回のように最初からBRGの返信段階でラウンジ滞在はできませんよと否決して欲しかった!
今回のBRG成功メールの返信では前回と違いリクエストしたと書かれていたからラウンジ付きの滞在ができると思ってしまった!
否決メールとリクエストしておきましたの2種類のメールをもらっている身としては勘違いしやすい内容でわかりずらい返信を不親切に感じてしまいました。

それにこのリクエストしたけどチェックイン時にやっぱりダメでした方式が通ったら今後なんとでも言えちゃいますよね。これ他の人でも私と同様に勘違いしてしまうだろうなあと思って自分の疑問を聞いてみました。
日本語スタッフさんがいて良かったです。英語でここまでの会話はできませんでした。

ここでさらに前のBRGで否決された時のメールも参考材料に見てもらえば良かったのですが、そこまで気がまわらなくて現在確認してもらっているところです。否決時のメールも送りまして今回の件について問い合わせ中ですが返信もらえるかはわかりません。

リクエストが当日否決で予約内容と違うその時キャンセルできるの?

私「では今回は部屋のアップグレードもされていないですか?」
スタッフさん「リッツ・カールトンでの部屋はデラックスルームもクラブデラックスも部屋の中は一緒です。カードキーを書き換えてエグゼクティブにしていますので部屋は変わりません。」
私「本日アップグレードしましたと言われたんですけど・・・」
スタッフさん「12歳未満はどのみちラウンジが使えないですしラウンジなしのお部屋にいたしましたとのことです」
(心の中 アップグレードしたと言われたけれどカテゴリ的に全くアップグレードされていないじゃないか。と心の声)
私「承知してます」
幼女さん「私は部屋で待ってます。ルームサービス取るんで」⇦何故か参戦
「BRGの方からホテルにアップグレードを伝えて頂けるメールをもらっていたけれど、当日にそのリクエストが不可だったと私は今伝えられました。今回の返信メールには前回の時と違いラウンジアクセスがなくなると書かれておらず、アップグレードとラウンジアクセスがついたものだと思っておりこの度2連泊予約しましたが、このような条件を当日に言われたのならこちらもキャンセルしたいのでキャンセル料が発生しないか確認していただけますか?」
スタッフさん「どの滞在をキャンセルされますか?」
私「本日もできるなら本日もキャンセルします」
スタッフさん「本日はお部屋に入られてるので・・・」
(それならどの滞在を?と聞かないでと心の声・・・)

----スタッフさん裏で確認しに行かれる------

 戻ってこられて

スタッフさん「マネージャーに確認しましたところ今回は2連泊していただけるのでしたらラウンジアクセスをつけさせていただきます。」
私「ではそちらでお願いします。」

そしていきなりマネージャーさんにバトンタッチされてラウンジとホテルの中を丁寧に案内される。手のひら返しクルクルを受ける。

「リクエストしました」⇨「当日やっぱりダメでした。あくまでもリクエストですから確約ではありません」の対応にちょっと残念な気持ちになりました。

それなら最初の時みたく「ラウンジアクセスのつかないプランになります」と返信して欲しかったです。私まだ良いけれど大事な旅行でこんなことを言われたらもっとがっかりしちゃうと思います。

今回の対応で感じたこと

モヤモヤ点

BRGで1度目ははっきりとラウンジアクセスありませんと返信が来るが、2度目ではアクセスできるようにリクエスしましたと返信が来ていたので前回とは違って申請が通ったと思う。しかし当日リクエストは所詮リクエストなので確約ではない」と言われたとこと。それなら当初のように最初から否決して欲しかった点。現在メールにて確認中

・実際は何もアップグレードされてないのに「アップグレードしました」と言われて通常のデラックスルームをアサインされた点。

・12歳以下はどのみちラウンジ使えないのでアップグレードをしない方が良いというスタッフの判断ですと言われた点。

・後で日本人スタッフから連絡を入れます。が全く連絡が入る気配もなかったしラウンジの件も問い合わせて初めて知ったような点。

 

そちらが当日にそのような対応をされるのであればこちらも当日キャンセルしても良いですよね?と聞いて今回の対応がされました。

最初の一声が「ゴールドメンバーなので」と言われたので私の主張がエリートステータスでのベネフィット要求に思われたのかもしれません。

予約段階の特典なのを認識されてなかったのかもしれません。

それかスタッフさんの言うように「アップグレードのリクエストをしました」の返信では確約ではないので当日アップグレード不可」と言われる可能性があるのかもしれません。

それなら迂闊に予約できませんね〜!

BRGの際には特典内容が変わっていないかリクエストだけなのか確約なのか再度確認しなくてはいけないと思いました。

否決なら否決、確定なら確定とわかりやすく書いて欲しいと思いました。中途半端に「リクエストしました」⇨「当日:無理です」で私のような被害者が増えなければ良いと思っています。

現場と予約サイトの判断基準が違うから難しいのかもしれませんが。

リッツ・カールトンが好きなホテルだっただけに今回はちょっと残念でした。価格がかなりお安いので仕方ないかもしれません。メールの返信があったらまた情報共有の更新をしたいと思います。

雑魚みたいなことして恥ずかしいですが、こんなことしてるからモテないんだぞ!とか自分でわかっているけど何だか納得が出来なくて醜態を晒している次第です。

私のように勘違いしてしまう方が出てこないようにという思いで自分の体験記をまぁ見苦しいですが綴っています。

 

そしてなぜ幼女さんがなぜあの時「私一人で待ってます」と発言したのと聞いてみたところ「友人や親と電話したかったからおばさんにどこかに行って欲しかった」とのことでした。 ドヒャー

 

マリオットゴールドエリートでラウンジ&朝食無料付帯は2018.08.01迄(2018.04.26追記) 

 

 

皆さまの旅行が快適になりますように( ^ω^ )私の残念女っぷりを読んで「ぷっ」って笑っていただけて心が和んでいただけたら嬉しく思います。

ポチッと応援お願いします→
 ブログランキング・にほんブログ村へ

✉️各種お問い合わせ
カード入会やその他お問い合わせはこちらのメールフォームよりどうぞ
メールフォーム